あいもかわらず

「あいもかわらず」というのは「相変わらず」というのをふざけて強く言ってるのだということを、

今こう書いてて改めて納得。


と、話はそうではなく、


この殺人的暑さの中でもC嬢は元気なのだ。

オーバーヒートの気配も全く無い。

エアコンだって、問題なく働いてくれる。

熱線素通しガラスのせいで、

身体に当たる直射日光は応えるので、

緊急避難的に全ての窓用に貼り付けるサンシェードを買った。



要は、

最新の国産車並みの快適さとは言わないが、

フツーにこの夏を過ごす事が出来ている。



三十年前の、それもシトロエンで、この状態は凄いと思わない?





ふんふんと機嫌は良かったのだが、

ある時、C嬢から降りて、

あつー‼︎とか思いながら助手席を開けると、

なんだかドアノブからイヤな感触が伝わってきた。

その時は、敢えて気づかなかったふりをして、

改めて確認すると、

ドアノブが、半分もげてた。



あー、

こんなに暑いんだから、

まあそんな事も起こるよね〜

(この感覚が既におかしいとの指摘もあるが、

いやいや、この尋常じゃない熱さの中では当然だと、

声を大にして、、大にする必要も無いが、

言いたい!)




で、

日も暮れて、暑さも少し和らいだことを確認して、

ぼちぼち作業を始める。



外からどう頑張ってもどうしようもないので、

ドアの内張りを剥がしていく。


もう慣れたものだが、

e0328795_10210787.jpeg

e0328795_10212816.jpeg

内側からのネジを外し、

とにかくノブを外す。

e0328795_10222537.jpeg

やはり、

ノブ側に付いているはずのボルトが外れてボディ側に残ってる。

よく見ると、以前も外れたと見えて、

補修跡もあるね。

e0328795_10241235.jpeg

e0328795_10242806.jpeg

ボルトを抜いて、ノブ側に固定する。

本来ならエポキシを使いたいところだが、

とりあえずの応急処置としてアロンアルファで固めた。

ボルトをノブ側に押し込むだけでもハンマーで叩き込むくらいだから、

まあそこそこは持つだろう。

次外れたら、

今度はエポキシ用意してからはずそう。

で、

e0328795_10274001.jpeg

まあ何のことはなく元どおりなんだが、

あんまりスムーズに事が運んだので、

他にも手を出した。


ランプ切れを起こしてる箇所があるので、

これを直す。


で、

前にやった、エアコン吹き出し口周辺をバラしはじめたのだが、


こっちが終わらなくなった。


仕方なく、

バラバラのまま車庫に直す。



しかし、

明日も乗るんだっけ?



まあ内装などバラバラでも走ることには問題無いからいいんだけどね。



こんな事を嫌がっていたら、

C嬢とはお付き合いできないからね。







[PR]

# by johannes4520 | 2018-07-17 09:52

便りの無いのは

便りの無いのは良い便りなどと言うが、

C嬢に限ってそんな事があるはずも無く、

ひたすら私は悩み続けている。



現在最大の懸案は、

60〜80辺りで起こるボディーの横揺れ振動であるが、

その根本原因はともかく、

その振動のおかげで、アッパーマウントはズダボロ。

元々悪評高きマウント類ではあるが、

新品に取り替えたのが数年前、

しかしアッパーマウントは既にぶっちぎれそうで、

振動は更に酷くなり、他の部分への悪影響さえ心配になってきた。

様々な手立てを考える。

騙し騙しでもよいから、とにかく乗れないのは困るので、

先ずは既に切れてる予備のアッパーマウントに手を入れる。

切れた部分をキレイに削り、

適当な液体ゴムを買って充填してみる。



e0328795_13155728.jpeg



e0328795_13171414.jpeg

e0328795_13183020.jpeg


hide。さんちに押しかけて、

アッパーマウント交換!



e0328795_13362752.jpeg



e0328795_13375367.jpeg

しかしながら、

コイツは1日しか持たなかった。

やはりテキトーなものでは耐え切れないようだ。



クルマでの出張を控えていたので、

とにかく応急的でもマウントの改善をやらねばならない。

で、




e0328795_13415070.jpeg


とにかくでっち上げて、

投入した!




コイツは流石にしばらく待ったが、

気をつけないとネジが浮いてくる。




で、

改めて、強化ブッシュ用の二液混合ゴムで外したブッシュを修復。


e0328795_13443601.jpeg


これはさすがにキチンとしてる!

e0328795_13462552.jpeg



問題無く経過している。






が、




が、





8割がた振動は収まったものの、

根本解決にはなっていない。



とりあえず、

簡単に手をつけられるもう一つのマウント(ミッションマウント)を確認しよう。

あれだけの振動を受けていたのだから、

ボロボロにぶっちぎれていてもおかしくはない。

もしかしたら、こっちのマウントが切れた事が原因かもしれないし。。





予備は既に手配済み!

e0328795_14025512.jpeg


これも自分で強化マウントと補修する準備をあらかじめやっておく。

分離材を塗りまくって、位置確保の為の雌型を取っておく。

e0328795_14051051.jpeg
e0328795_14053023.jpeg
e0328795_14055460.jpeg


さて、意を決してこの暑い最中に炎天下で作業スタート!

先ずはジャッキアップして左フロントタイヤをはずす。
e0328795_14081133.jpeg

あつー!


頭を突っ込んでマウントを確認すると、






お?




e0328795_14095193.jpeg



お?お?



e0328795_14104080.jpeg


完全に無傷じゃないか!


たしかに二年ほど前に交換してはいるのだが。


少し嬉しかった!





しかし、


コイツが原因じゃないとなると、、、





ホイールハウス内を確認していく。



嫌なモノを見つけてしまった!



e0328795_14135190.jpeg

e0328795_14141410.jpeg

これは要交換ではあるが、

今回の一件とは恐らく無関係。



その他のブッシュ類も問題無さそう。



さらにさらに意を決して右前輪も外す。


e0328795_14185374.jpeg


こちら側も、ブッシュ類は問題無さそうに見える。



思い余っていろんなパーツを押したり引いたりしていくと、


e0328795_14211138.jpeg

この右前輪のブレーキディスクのみカタカタ揺れる!

これが原因か?



このカタカタを治すには、やっぱりハブ交換しか無いのか?

どこかのボルトが緩んでいるだけなんてことで収まらないのか?





いろいろいろいろ頭をよぎるが、

既に私の汗は尋常な範囲を大きく逸脱しており、

ご近所さんの視線は鋭さを増してきているようなので、

本日はここまでにする。




サクサクとはいかないが、

ホイールを戻し、

買ったばかりのトルクレンチでボルトを締め、




さあ、

またまた私はネットで情報の収集にあたる。





それにしても、今年は暑い気がする。


C嬢と絡むと汗だくになるというのは、

これは少し意味深に聞こえて欲しい気もするが。


















[PR]

# by johannes4520 | 2018-07-01 14:36

デート

e0328795_16335686.jpg




e0328795_16341416.jpg

[PR]

# by johannes4520 | 2017-09-15 16:33

やっと

帰ってきた。

嬉しい

なにはともあれ嬉しい。

まあそれだけでいいじゃないか。

少しのんびり、ゆっくり


e0328795_15225594.jpg

[PR]

# by johannes4520 | 2017-09-04 15:20

その後

あの夜から少し考えていた。

C嬢に乗るのはほとんど私一人ではあるが、

それにしてもさすがに止まりすぎじゃないか?

KN自動車のKさんには昼夜問わず迷惑をかけっぱなしではあるが、

私の周りのその他の人達にはほとんど無害であるのだが。




C嬢の具合はなんとなくわかるので、

無理はしないし、

不安がよぎる時は長距離ドライブは控えている。

そういうこともあって、

地元以外で行き倒れになることは無いのだけれど。




今回の件は、ハッキリ軽症で、

(と考えているトコロがすでにおかしいのかもしれないが)

原因も明らかだし、その対処法も決まっている。

少し入院は必要だが、それで完全解決するだろう。

それにしても、

だ。







では、とうとうC嬢と別れることになったら、

私は何に乗りたいのか?



思いつかない事もないが、

思いつくまま乗ってきたクルマはすべて、

とうとう私納得させてくれなかった。



二、三日前、

知り合いのコアなクルマ屋さんから連絡があった。

「良いクーペが入ったから乗ってみませんか?」



基本的にクルマ好きのわたしはほいほい乗っかった。

このクルマ屋さんも、私の好みを少しは理解してくれている。






お店にあったのは、少し古いメルセデスのクーペ。

560SECとかいうモノで、メルセデスが作ったSクラスの初めてのクーペだね。

私はいつの間にか、大きなクルマが好きになっているんだ。



アタマで考えると、このメルセデスクーペなどはほとんど私の理想にも思える。

メチャ期待して乗り込んだ。

案の定、メルセデスの匂いがした。

少し古いメルセデスはみんなこの匂いがするんだ。



座った瞬間、

やっぱりこれは違う!と感じてしまう。



私は、これも古いW123にしばらく乗っていたこともあって、

古いメルセデスは憎からず思っている。

しかし、ファブリックじゃないこの上等なレザーのシートは、メルセデスのシートの素晴らしさを半減させちゃってるよな〜。


走り出す。

いや、

やっぱりこれは違うよな。



こんな超高級クーペが良くないわけは無いんだ。

でも、

どうしても身体が違うと言っている。




直ぐにも降りたくなったが、

お店の人が隣にいたのでとにもかくにもあたりを一周した。





「良い911も入ってるんですよ!

乗りますか?」



うやむやな返事をしていたら、

乗るハメになった。




ターボの付かない最後のNAカレラだったのだが、

SECでの落胆が大きかった私には、

いっそこちらの方が良かった。






複雑な気分のまま帰ってきた。






とにかくC嬢をキチンとしてあげなきゃ。





Kさんに連絡して、

KN自動車に持っていくことにした。


ウインカーは相変わらずダメだが、

まあ近いし、慎重に走れば大丈夫だろう。




あの夜以来、C嬢には触れてなかったが、

そのままキーをひねるとC嬢は全く愚図る事もなく目を覚ました。

あの夜の事が嘘みたいに機嫌が良い。



KN自動車へ行く道で、

私はC嬢の身のこなしに感激していた。

これ、やっぱりすごいクルマだ!



やっぱり私はC嬢以外は考えられない!





またまたKさんに面倒なことばかりお願いしてきてしまった。




しかし、思うんだ。


変なクルマがあるんじゃなく、

素晴らしすぎるクルマがあるんだ。



素晴らしすぎるがゆえに、

理解もされにくいだけなんだ。




と、

変な人間はうつうつと考える。。。










[PR]

# by johannes4520 | 2017-07-17 22:45